スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

但馬・丹後の旅

但馬・丹後の旅

6月23日(土)

数日前、嫁さんの「城崎温泉いきたい」の一言でいってきました。

北近畿。

去年9月に、能登半島に行って以来の日本海。

今回は一泊二日、もちろんワンコ同行の車中泊の旅です。

・・・・・・・・・・

朝5時起床。

6時出発。

宝塚あたりで少し渋滞しましたが、割と順調に進みます。

我が家の車旅行は「ほぼノープラン」。

201206230920000.jpg
(ワンコも行き先が気になる?)

下調べを殆どすることなく、行き当たりばったりの旅となることがほとんど。

今回決めていたのは、「出石そば」「城崎温泉」だけ。

その「出石そば」からスタートです。

出石に着いたのは朝10時。

「モーニングそば」となります。

向かったのは、「正覚 田中屋」。

理由は、水曜どうでしょうの原付西日本の旅で、大泉さん・ミスターが寄ったから。

201206231040000.jpg
(趣のあるお店です)

席についてすぐ、揚げそばがでてきます。

201206231015000.jpg

もちろん皿そばを注文。

201206231024001.jpg

一人前は5皿で900円。

薬味に、ネギ、ワサビ、トロロイモ、生卵がついてきます。

腰があって、おいしい!

食べ方も、自分で薬味を調整しつつ食べられるので、楽しいのです。

生卵を溶かしてウッマウマ。

201206231027000.jpg

追加は一皿150円。

僕は5皿追加しましたが、20皿完食したら、完食手形がもらえるみたいですよ。

・・・・・・・・・・・

食後の運動に、出石市街をお散歩。

応仁の乱の山名宗全とか、沢庵和尚、桂小五郎とか、歴史教科書で習った名前がいたるところにあったりと、歴史的にはかなり濃い町のようですね。

201206231052001.jpg
(辰鼓楼)

201206231055000.jpg
(お城にかかる橋)

201206231056000.jpg
(出石城)

201206231105000.jpg
(出石城から望む)

201206231107000.jpg
(出石城となりの稲荷神社)

201206231108000.jpg
(参道には鳥居が並びます)

201206231111000.jpg
(鳥居と出石城)

下のお土産物屋さんで地ビールを購入。

これが僕の旅行の楽しみだったりします(笑)

・・・・・・・・・

この時点でまだ12時前。

とにかく目的地にはついておこう、ということで城崎温泉を目指して円山川を下っていきます。

その途中、「玄武洞」なる看板を発見。
(コウノトリの郷はスルー(笑))

ちょろっといってみました。

これが、大正解!!

寺社仏閣には全く興味のない僕ですが、自然の作る造形はやっぱりイイ!!

201206231303000.jpg
(玄武洞)

これ、すごいですよ。

201206231302000.jpg
(この穴は石切り場の跡、自然洞窟ではない)

溶岩が固まるときに、規則正しく固まったものらしい(柱状節理)のですが、見事に六角形の形の断面の石が積み重なっているように見えます。

隣の青龍洞の写真の方が分かりやすいかも。

201206231306000.jpg
(青龍洞)

201206231311000.jpg
(溶岩の流れている様が想像できますね)

わかります?

六角形で高さ20~30cmの石が簡単に切り出せるんです。

これを使って、石垣や踏み石にしていたんですね。

ちなみに「玄武岩」とは「玄武洞」で採れる石から名付けられたのだとか。

もちろん、白虎、朱雀もありますけど、こちらは後で作られたものみたいで迫力はイマイチ。

201206231321000.jpg
(白虎洞)

201206231323000.jpg
(南朱雀洞)

201206231323001.jpg
(北朱雀洞)

こちらのいいところは、圧倒する景色だけではなくて、無料ガイドさんが本当にいい方だったこと。

僕らが着いて早々に、家族写真を撮ってくれました。

201206231257001.jpg

写真撮影の後も、玄武洞、青龍洞の説明をしてくれ、ワンコの話なんぞも楽しくしてくれました。

気持ちのいい時間を過ごすことができました\(^o^)/

ありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・

玄武洞をあとにして向かったのは城崎温泉街。

といっても、車で感じを見ただけ。

そして、円山川を下って、海岸沿いに鳥取県方面にドライブ。

日本海との初対面。

竹野海岸までいって、再度城崎温泉に戻ってきて、遅い昼ごはん。

城崎温泉駅前の「おけしょう鮮魚の海中苑」さんで海鮮丼をいただきました。

201206231600000.jpg
(僕は11種盛りの海鮮丼1300円)

201206231601001.jpg
(嫁さんは、日替わり海鮮丼温泉卵のせ1000円)

満足満足。

そして円山川に戻って念願の釣りタイム。

河口でルアーを投げ倒しますが、ノーフィッシュ。

201206231829000.jpg

エサ釣りの方は、60cmくらいのシーバスを釣ってましたよ。

・・・・・・・・・・・

日が落ちてからは、寒くなったので豊岡市街に戻ってトレーナーを買ったり、釣具屋さんで情報を仕入れて、城崎温泉に入ったりして時間をつぶして、、、、

再度、釣りタイム。

久美浜に移動してライトタックルでアジ狙いです。

常夜灯があるよ!と釣り具店で聞いたのですが、時間が遅かったのか、見つけられず。

しかたなくよくある漁港で釣りをしてみましたが、ホシスズキの赤ちゃん一匹だけ(T_T)

201206232341000.jpg

悔しくて、もういっちょ!ということて、久美浜の北端、小天橋キャンプ場の漁港でトライしましたが、ここでもノーフィッシュ。

一度デカイ見えヤガラがヒットしましたが、ナイロン2lbでは掛かった瞬間プチっと切られてしまいました。

準備がダメですね。

そして、この漁港で車中泊となったのでした、、、。

つづく。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

楽しんでますね

この季節は道も空いているんでしょうね。

もう少しして海水浴シーズンになると結構人(車)が多くなりますよ。

僕が幾度となく訪ね歩いたところ(釣り、スキー、旅行、キャンプ)ということで後半編を楽しみにしています。

No title

ふ、普通の旅日記が書けるなんて!

No title

城崎温泉、二十年以上前にいきますた\(^o^)/
玄武洞。。何か記憶に残ってるような、ないような。。

でもやっぱり釣りはするのね。

あ、さっきはありがとうございました(笑)

No title

北近畿の旅、いいですねー。僕も大好きです。
昔(痩せてた頃w)に京都から毎週久美浜にサーフィンでかよったりしてました。
運転大変だったと思いますが、奥さんもワンちゃんも羽が伸ばせてご機嫌だったんじゃないでしょうか^^

続きも楽しみにしてます。

No title

>倉本さん
道は大体すーいすいでした。
海水浴場の多さにびっくりしました。
ちょっとした入江とか、殆ど海水浴場になってましたね。
2日目の紀行もすぐ書きますんでお楽しみにしてくださいね。

>HDくん
家族サービスやってきたで。
日本海まで行って殆ど魚釣れてないんよ。
悲しい(T_T)

>ひろさん
行ったことあるんですね!
城崎温泉って、泉質は普通でした。
龍神温泉の方がすべすべになりますね。
釣りはもちろん、やらない理由がないっすよ!
貧果師全開でしたけど(^_^;)

>スマさん
スマさん情報の灯台のふもとで夜を明かしました。
キャンプ場や海水浴場、温泉が多くて、車中泊には全然困らないですね。
スマさん、サーフィンやってたんすか!
それにもビックリですよ。
僕はスキマーでした(笑)
近いうちに2日目も書きますんで、よろしくです。
駅舎も少しみてきましたよ!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。