スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

続続・お盆の釣り

続続・お盆の釣り

さて実家につきました。12日18時ころですかね。

この日は夜8時過ぎにはソファーで寝てしまいました。
11日に仕事&夜のシーバス釣り見学&早朝衣奈漁港調査&嫁さんの用事&田辺へ帰省と、
全く寝ることができずに実家に着いたのでした。

実家のビールは、まさしくビールで、
第3のビールばかり飲んでいる日常からか、
「飲まないと損!」とばかりに、到着後すぐに数本をあけてしまいました。

朝釣ったサバとちゃりこ、カマスを母親が美味く料理してくれ舌鼓。
ビールがすすみますねぇ。

当然、睡眠不足も手伝ってすぐにご就寝となってしまいます。

まさかこのあとのお休みのすべてをソファーで寝ることになるとは思っていなかったのですが、、、。


13日の朝。
起きた時刻は6時半。

完全に寝坊です。すっかり明るくなってしまっています。

これから潮岬に走っても朝のゴールデンタイムは完全に終了しています。
即効用意をして7時前には出発。

7時半過ぎについたのは見草漁港。椿温泉ホテル街の手前ですね。

ゲンのいい五目ジグを数投するとすぐに10cmくらいの鉛筆カマスがヒット!

まだ地合が残っていると、すぐにそのあと投げ倒しますが、ノーフィッシュ。

9時ころまでしましたが、周りのサビキアジ釣りは釣れていますが、
ルアーを追ってくるフィッシュイーターはいない様子。

肩を落としての帰宅となります。


実家に帰ると、甥っ子と姪っ子が夏休みの宿題をしていました。
そのあとの予定もない様子。二人の母親である僕の妹も仕事で一日中外出しているとのこと。

当然「どっか連れて行け!」の空気が漂っています。

思案した結果、串本大島のリゾート大島に行くことにしました。
ツイッターでリゾート大島の方と知り合いになっていたからです。
二人のちびっこに乗馬体験をさせることができます。
絵日記の題材にもよさそうです。
もちろんあわよくば釣りができるかも、っという下心もあるのですが。

お昼前に車を走らせて午後1時ごろ現地到着。
愛犬2頭も一緒なので、レストランで外食とはいきません。
串本のコンビニで弁当を買って社内で食べることになります。

弁当を食べ終わって14時ころ、リゾート大島に到着。
キャンプなしのビジターで乗馬のみというのは珍しいみたいです。

10分間で引き馬乗馬で1000円。スタッフさんが付きっきりでサポートしてくれています。

まずは甥っ子から。
201108131405001.jpg

お次は姪っ子。
201108131413002.jpg
201108131414000.jpg

スタッフさんも時間をサービスしてくれて、何周も回ってくれました。
すいてる時間にできたのがラッキーだったようです。

餌やりもやりましたよ。
201108131421000.jpg


リゾート大島のスタッフのかたは、みなさんまぶしい笑顔で迎えてくれました。
すっごく気持ちのいい時間を過ごすことができましたよ。
ツイッターで知り合った方とも出会うことができました。

今度はこちらでゆっくりとキャンプをしてみたいですね。
露天風呂までありましたよ。

そのあとは潮岬の付け根にある袋漁港となりの砂浜で海水浴。

ちびっこ二人ははしゃぎまくってました。
となりでパラソルを出されていたご家族とも仲良くなり、一緒に遊ばせてもらいました。


で16時半ごろ上がって、実家に帰ったのは6時ころ。

あ、そうそう、ドライブインサンワさんが閉鎖されてました。
ソフトクリーム食べたかったなぁ。

夕飯を食べて、アイスをもらって、ソファーでゆったりしていると、、、


はい!14日の朝になっているのでした。

つづく、、、。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。