スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

続・お盆の釣り

続・お盆の釣り

さて、12日は前日の流れから衣奈漁港への釣り。
本命はシイラとなります。

先日のシイラ釣りの余韻を引きずっているわけです。 

夜12時過ぎに現地入り。
朝まずめには早すぎるのでしばし仮眠をと思いましたが、
わくわく感からか、なかなか寝付けず、
DVDなんかをみて過ごします。
サマ―ウォーズはいい映画ですね!

衣奈漁港の沖向き新堤防先端にはすでに先行者がいました。
3時ころに用意を始め、エギ・ジグをなげてみますがアタリなし。

先行者さんはエギングで800gくらいのアオリイカをあげていたようですが、
僕が到着してからはノーフィッシュの様子。

5時ごろ、ようやく空が白んできましたが、
シイラの気配はなし。

2~3日前に、ツィッター友達のブーさんがシイラをあげていますが、
今日は結局7時のタイムアップまで、まったく回ってくる気配はありませんでした。

待望のファーストバイトは6時ころにエソ様。
シイラ用のショアジギタックルでは瞬殺ですが、ピックアップでバレてしまいました。

ベイトフィッシュは多いのですが、大型フィッシュイーターが回遊してくる気配がないので、
メバルタックルに五目ジグ8gをセットしたタックルに持ち替えます。
トゥイッチを繰り返していると、ガツーンとかなり強烈なアタリと直後の横走り。

ラインはPE0.4号にリーダーは1lb。ドラグは緩めにしているとはいえ、
ジーーーーーと出されていきます。
  
5分ほどのやり取りのあと上がってきたのは、40cmほどのサバ。

衣奈にて、40cmのサバ

ライトタックルならではの緊張感のある引きを楽しめました。

取り込みのタモ入れは、先ほどの先行者さんがやってくれました。
やはり到着後に先行者さんとは仲良くなっておくといいことがありますね。

サバ折りしてクーラーに入れ、早速次の釣りに移ります。
この地合いにサバを量産してお土産確保と思ったのです。

すぐに次の魚がヒット。
ちょっと引きが小さいので、コサバかなと思って巻いてくると、
上がってきたのは良型チャリコ。20cmくらいですかね。

衣奈にて、良型チャリコ

おかっぱりジグで真鯛が釣れたのが初めてだったので、うれしい魚です。
ツイッター友達のやっちんさんが衣奈で真鯛が釣れたことがあると言っていたのを思い出します。

テンションの高いままジグを投げ続けますが、それ以降はカマスが数匹釣れたのみ。

タイムアップの7時になり、後ろ髪を引かれる思いで衣奈をあとにしました。

この日の釣果は、ごらんのとおり。

201108120642000.jpg

本命のシイラは釣りませんでしたが、それなりに満足のいく釣果。
とりわけ、超ライトタックルでの良型サバとのファイトはかなり楽しめましたよ。

今日のヒットジグは、ストーム・五目ジグ8gでした。

また、自分なりの収穫もありました。
以前から、カマスをジグで釣るときの傾向を感じてはいたのですが、
ほぼ確信できる誘い方を確立できた気がしていたのです。
(このブログを書いている8月16日時点で完全に確信できました!)


本気のルアーマンさんたちからは、
「そんな釣果で満足しちゃって、情けねーなぁ」といわれるかもしれませんが、
ボーズ率の高い私にとっては十分だったりします。

欲をいえば、、、シイラ!釣りたかったんですけどね。

・・・・・・・・・

8時ごろ帰宅し、嫁さんと義母の用事をすませて、
夕方に実家のある田辺市に帰省していきました。

ようやく田辺編をつづっていけるところまできました。

では、、、続く、ということで。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。