スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

終・お盆の釣り

終・お盆の釣り

15日に田辺市の実家から、和歌山の自宅に帰ってきている途中、
千代吉さんからうれしいツイート。

「今日雑賀崎でシイラが暴れてましたよ!」
「アジ釣り師の平穏を!」
(要約)

16日朝の釣りが決定しました。

アジ釣り師が安心して竿を出せる平和な雑賀崎漁港を取り戻すべく、
ヒロさんとデコバスターズを結成し早朝からシイラの撃退に向かうこととなります。

・・・・・・・

さて16日の朝、我が家のソファーで目覚めると朝の4:30。

完全に寝坊です。(毎度)

予定では4時には雑賀崎に到着し、
アジを釣ってノマセ釣りでもシイラを釣ってみる予定だったのです。

お休み最終日の大事な釣りで痛恨の遅刻です。

慌てて用意をし、現場に向かいます。

5時過ぎ到着。完全に明るくなっていましたが、釣り人はまばらでした。
皆さん、シイラの脅威に釣りに行くのをためらっているのでしょうか?

用意をして釣り具を堤防上にあげているときにヒロさんも到着。

早速ミッション開始です。

僕は40gのジグでショアジギング、ヒロさんはトップ用プラグでスタートです。

前日の情報によると、シイラは雑賀崎漁港内にも侵入し、
5時から8時ころまで、我が物顔で暴れまわっていたとのこと!
なるぼど、沖堤防の内側に小魚がびっしりいます。
そこいら中でボイルもよく起こります。
フィッシュイーターが侵入しそうな気配がありますね。

気合入りまくりでジグをしゃくっていきます。



シーーーン、、、。

たまーに釣れるのはカマスちゃん。
もちろん小物釣り師の僕としては、うれしい外道ということで、
クーラーでキープしていくのですが、肝心のシイラは影形もなし。

ようやくシイラらしいバシャバシャがあっても、沖堤防のさらに沖。
デコバスターズを恐れてか、なかなか港内には入ってきません。
当然全くルアーは届きそうにもありません。

そのうち、僕はショアジギタックルを傍らにおいての、
小物釣りに専念し始めます。


ヒロさんは、仕事前の釣行ということで7時がリミットだったのですが、
結局シイラは港内に入ってくることはありませんでした。

リミットタイムになると、ヒロさんは出社すべくご帰還。
僕はカマスのアタリがまだつづいていたので、もうすこし残業。

といっても9時くらいには退散していたと思います。

結論としては、敵の猛攻が一段落して、雑賀崎の平和は取り戻しつつあると行ったところでしょうかね。

まさに典型的な「昨日はよー釣れてたのになぁ」のパターンですね。

あと、釣り場のゴミは責任を持って処分しましょうね。
隣で釣りをしていた若者が、使った釣り具や餌のパッケージを無残に放置して帰っていました。
せめて、近くにゴミ箱があるのだから、そこに捨てるくらいのことはして欲しいものですね。
後味の悪い釣りになってしまいました。残念なことです。

・・・・・・

その日の夕方、小物釣りが物足りなくて、
雑賀崎漁港のとなり、田の浦漁港にカマス釣りに出かけます。

4時ころに田の浦漁港到着。
運よく、先端外向きにスペースがありました。

いつもの5目ジグ8gを投げてチョンチョンチョンとしゃくっていくと、
小気味よいアタリ。狙い通りにカマスゲット。

次々にカマスのアタリがありますが、
バラシも多く、7~8匹ゲットにとどまります。
この時点で5時過ぎ。
まだまだ釣れる時間は残っていますが、泣く泣く断念。

というのも、ジグの弾切れです。
リーダーをいつものフロロ4lbだったのですが、
カマスの歯でブチブチ噛み切られ、一つまた一つとロストしていくのです。

この日の釣果は、朝夕合わせてカマス13匹。
201108161946000.jpg
釣れ続いている時間に去るのはなかなか悲しいもんですね。

次回はワイヤーリーダーをつけてやろうと、
帰りに釣具屋で、リーダーとロストしたジグの補充を行います。
うーん、痛い出費ですねぇ。

今回の釣りでの収穫は、
カマスはバーチカルな動きに弱い!と確信できたこと。
ジグはなんでも良いのですが、殆ど投げずにジグを真下に落として、
ジギングのように縦にしゃくってくる、あるいはその後のフォール時に
アタリが頻発していました。
これは、小物釣りに目覚めるきっかけとなった、7月初旬に小浦一文字で初めて感じたことでした。
投げてしゃくればサバ・岸際に落として縦に誘うとカマスと、
見事に釣りわけることができたことがきっかけでした。

「んーなことは、カマス師の世界じゃぁ常識じゃい!」
なんていわれそうですが、自分で実感したメソッドで、
そのとおりに釣れるっていうのは快感なんですよね!

お盆の釣りが収穫のあるもので良かったとつくづく思うわけです。


帰ると、義母・義姉も我が家に来ていて、みんなでカマスの天ぷらを舌鼓。
天つゆで食べるのも美味しいですが、梅塩で食べるのもなかなかいけますね。

ちなみにこの日は数日ぶりにベッドで寝ましたよ(笑)。

・・・・・・

これにて、今年のお盆の釣りは終了です。

結局、南紀~中紀~和歌山市と、釣り人垂涎のエリアで毎日ルアーフィッシングをした訳です。
釣れた魚は、サバ・マダイ・カマス・メッキ・チーバスと五目釣り達成。
その殆どは5~8gまでの小型メタルジグを、メバルタックル使用での釣果でした。

小物釣り師の道を着実に歩んでおりますなぁ。
これが楽しいのなんのって!
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。